こんにちは。お忙しい中、弊社のホームページを見て頂き誠に本当にありがとうございます。
いきなりですが、目の前にいるあなたに質問があります。
あなたがHP(ホームページ)を持っているなら、こんなことを考えたことはありませんか?
売上が上がると思ってせっかくHPを作ったのに、制作会社の言う通りにしてもなかなか成果が上がらない。
いち早くWEB施策に力を入れてきたけど、同業他社も乗り出してきて、
WEBでの売上が止まってしまっている。
WEBで成果を出してる企業の秘密があるなら是非教えて欲しい。
仮にあなたがHPを持っていないとしたら、こんな感じではないでしょうか?
HPの電話はよくかかってくるけど、営業がしつこそうでまともに話を聞いたこともない。
そもそもうちの業態では、WEBやHPに力を入れても何の効果もないだろう。
もしもあなたが「WEBを使って十分な成果を上げている」、もしくは、「WEBなんて、全く興味がない」と言うなら
大変失礼いたしました。このサイトの右上にある「×」で閉じてください。心からお詫び申し上げます。

申し遅れました。
私は株式会社アババイの代表取締役、山本晋と申します。

趣味は・・・仕事だったりします。
ただ、仕事で頭が疲れた時に、お客様や取引先様とゴルフに行くことが楽しみだったりします。
ヘルニア持ちですけど・・・(笑)
1979年に三重県の志摩で生まれました。
子供の頃から、グループや集団を作ることが大好きで、いつも集団の中心にいました。
今考えれば、社長以外の職業はありえなかったのかもしれません。
いや、社長でありたいと言うよりは、仲間と一緒に大きなことを企むことが好きなのだと思います。
志摩の高校を実は2度中退した後、ビジネスの世界に身を置きました。そして、10年前からIT業界に携わることになり、インターネットの変化を目の当たりにしてきました。自分が中卒だと言うコンプレックスと、成果を上げないと自分の人生に未来がないと言う恐怖心から、一心不乱に働きました。そして、23歳のころには、上場企業の幹部社員として、社員100名ほどの統括マネージャーとしてそれなりの成果を出していました。それなりですけど・・・(笑)

失敗だらけのWEBコンサル事業・・・.

2004年からはアババイの代表取締役として、企業の業績をあげるための、実践WEBコンサルティングをしています。 
こうして書くと、順調そうに見えますが、実際はまったくそうではありません。
コンサルティングといえば聞こえはいいのですが、今、私が手がけているようなものではなく、なんとなくのWEBに詳しいお兄ちゃんみたいな雰囲気が多かったです。
私が独立した時、東海地区のインターネットの世界は、東京の3年は遅れていると言われていました。
社長の意見を伺い、社長が気に入るデザインや写真などをふんだんに使い、社長好みのHPを制作していました。
深夜に電話がかかってきて社長の不満を聞いたり、すぐに来いと言われては、足早に出向いたりする。
今思えば、他のWEB製作会社より多少フットワークが軽く、ちょっとは話を理解してくれる程度の存在だったんでしょう。
それでも、ありがたいことに注文はいただけ、今思うと運が良かったと思います。
ところが、そうした姿勢の中ある異変に気が付きました。

それは、どの企業のHPも死ぬほど苦労して作ったにも関わらす、信じられないぐらいの効果を出しているホームページがある一方、全く業績UPに繋がらないホームページがあるという事実です。
正直言うと、私は、自分がやっているサービスがとても恐ろしくなりました。
業績UPに繋がらない会社からは、きつい嫌味を言われたりしました。
その一言がたまらなく、夜な夜な社員と相談を繰り返していました。
それでも、一向に解決の糸口が見つかりません。
WEBコンサルティングと謳いながら、なんらの確証のない自分が本当に嫌になりました。

恐怖!負の連鎖・・・

更に悪いことに、私のモチベーションが低下するに連れ、社員のモチベーションも低下していきました。
負の連鎖が続いた結果として、売上は急ピッチで落ちていきました。
夜も眠れない日々が本当に続きました。

長いトンネルの後に・・・

ある日・・・
東京で経営コンサルティングをしている友人に久しぶりに再会しました。
彼もWEBでのコンサルティングを得意としており、東京の最先端のマーケティングノウハウをいろいろと教えてくれたのです。
「東海地区ではさすがに当てはまらないだろう」と、半信半疑で、彼の持つノウハウを軸にこれまで手掛けた企業のHPを分析してみると、恐ろしいことにピッタリと当てはまってしまいました。
ある法則を適用して眺めていくだけで、儲かるHPとそうでないHPが一瞬で分かる様になりました。
同時に、とても救われた気分になりました。
これまでの、ただ奇麗なだけのHPや、SEOだけを考えた中途半端なHPをもうお客様に提供しなくてよくなったのです。
自分がやっているサービスに疑問を感じると言う、経営者としての極度のストレスから解放されました。
それから、あらゆる業種業態で効果を測定していきました。
やはりこの東海地区は特殊なマーケットなのかもしれません。
東京の最先端のマーケティングをそのまま当てはめるだけでは、多少の無理がありました。
少し時間はかかりましたが競合他社の状況から消費者の購買心理など、やはり東海地区向けのブレンドが必要でした。

嬉しい悲鳴(^^)

現在、私達が手掛けたWEB関連のマーケティングや、HPなどでお客様からの嬉しい悲鳴をもらっています。
その一部をご紹介させていただきます。
ハンコ屋さんと言う競合激戦市場の中で、半年で売上を20倍に上げた通販サイト。
オートバックスや全国チェーン店が並ぶ激戦区で、HP立ち上げから、わずか3ヶ月でお客様が列をなしたタイヤ店。
「強みは無い」と言っていたのに、過去最高の集客記録(200%UP)を打ち出した注文住宅会社。
新規の患者さんが250%UPして、忙しさのあまり看護師を急募している形成外科。
新規サービスのサイトを立ち上げ、問い合わせが殺到している町の電気工事店。
まだまだ、自分達でもビックリするぐらいの成果を出されている企業様が続出しています。

すべてはあの法則のおかげ

それもこれも、ある法則のおかげなのです。
もっともっと早くこの法則に気付いていたら、きっと、これまでのお客様には迷惑をかけていなかったのだと思います。そのことを思うと残念でたまりません。
この法則は、中小企業がWEBで勝ち残っていくための普遍の法則と言っていいと思います。
同時に、大手企業にはあまり通用しないものだとも思います。
今回は、私達が持つ、ある法則を思い切ってご紹介しようと思います。
あなたにリスクは一切ありません。
疑わしい気持ちで結構です。
ただただ、あなたに、この法則のことをお伝えしたいのです。
聞いてもらったからと言って、強引な営業をする様な無粋な真似はしません。
私達は、本気なのです。

ヤババイ!?キャババイ!?いやいやアババイです(笑)

よく社名を間違えられます。
もしくは、変わった社名だと笑われます(笑)
アババイの意味ですが、実は、私の生まれ故郷である志摩の方言なのです。
アババイとは、「まぶしい」とか「輝かしい」と言う意味なんです。
私は、会社を立ち上げる際、自分の信念を社名に託しました。
「この東海地区で、アババイな企業となるお手伝いを、少しでもさせていただきたい。」
これが私達のメッセージです。

あの法則をあなたのサイトに取り入れるだけ、それだけで、あなたとあなたの会社の運命が大きく変わる可能性があります。
そこで、あなたがやっぱりWEBに興味がないと言うのであれば、このサイトの上にある(×)で閉じちゃって下さい。
ただ・・・もし、もしも、あなたが少しでもWEBに興味を持ってしまったのなら、こちらのボタンをクリックして下さい(笑)
本当に長々とすみませんでした。
この怪しげな文章に、最後までお付き合い下さったあなたに本当に感謝感激です(*´∀`*)

株式会社アババイ 代表取締役 山本晋

詳しくは コチラ0120-388-801 受付時間平日10:00~20:00 メールでのお問い合わせ お問い合わせはコチラ!

制作・サービスに関するお問い合わせ

制作・サービスに関するお問い合わせ